ダイベストメントとは投資(インベストメント)の反意語で、非倫理的かつ道徳的に曖昧な株式や債券を手放すこと、投資ファンドを引き上げることを意味します。

ダイベストメントの目的

通常お金を投資する際、自分にとって収入を生み出す株や債券、投資商品を購入します。大学や宗教団体、また退職基金やその他の機関は、このような投資対象に数千億円を出資して運営を支援する収入を生み出しています。その中で、化石燃料への投資は投資家と地球両方にとってリスクがあり、我々は上記の機関に関連会社からのダイベストメントを呼びかけています。

ダイベストメントの必要性

ダイベストメントは、化石燃料へのスポンサーシップを終了することも意味します。化石燃料会社は「運営を続けるための社会的ライセンス」獲得のためにスポンサー関係を築いています。このうわべだけの正当性で、気候危機に際しても事業を拡大し続け、近隣コミュニティからの反対や要求を抑え込んでいます。

持続可能な社会の実現へ

化石燃料のダイベストメントにより、気候危機における化石燃料業界の責任の所在が明らかになりました。ダイベストメントは、地球温暖化を悪化させる石炭・石油・ガスを含む化石燃料に依存する企業やリスクの高い原発関連企業へのお金の流れを止め、 持続可能な社会の実現に取り組む企業へ移行させようというムーブメントとも言えます。

売却の理解

企業がより高い効率性を手に入れ、企業価値を向上させるためには、売却が一つの手段となります。そのため、企業は資産の一部を売却する必要があるかもしれません。また、経営陣がより事業に集中できるようにするために、売却を利用する企業もあります。ここに、事業売却につながるものはいくつかあります。一つ目は、企業の最適化戦略です。

売却には、投資の削減や企業の工場撤退などの外部環境によるものもあります。例えば、パンデミックの際には、企業は売却を余儀なくされ、その結果ビジネスの一部を保存することができます。企業が売却できる一般的なアイテムは以下の通りになります。

企業がこれらの売買から得た収益で、理想的なものは、以下のものです。

何が原因で売却になったとしても、企業はこの手続きを利用して他の場所で収益を上げることができます。それに、追加の収益を得ることは、どんな企業にとってもメリットがあります。なぜなら、他の部門に資金を回す必要がなくなるからです。

売却理由

企業は、事業の非中核部分、不採算部分をなくすためにそれを取り除くすることができます。これは、さまざまなビジネスユニットを所有する大規模なコングロマリット企業体によく見られます。他の産業内の一部のユニットを取り除くことで、より良い管理への需要を確実にすることができます。その上、他にまねできない核になる部分からの逸脱がないようにすることができます。

非中核事業部門を切り離すことで、時間だけでなく、資本も自由になります。これにより、企業は主要な専門知識や業務に集中できるようになります。さらに、企業は資金を得るために、不採算の子会社を切り捨てて排除することもできます。また、政治的・社会的な理由により、企業の売却が行われることもあります。

ダイベストメントの方法

ダイベストメントとは、道徳的価値観、政治的信念、動機に基づいてポートフォリオから特定の投資を取り除くプロセスです。ダイベストメントを行うには次の4つの手順を参考にしてください。

ステップ1:化石燃料にどれだけ投資したかを調べる

ご使用の機関にご自身の投資ファンドのカストディアンであるマネーマネージャー、ウェルスマネジメント会社、またはファイナンシャルアドバイザーがいる場合、炭素埋蔵量で上位200の石炭、石油、ガス会社を送り、機関の保有額を算出するようご依頼ください。

ステップ2:カストディアンとダイベストメントオプションについて話し合う

化石燃料ダイベストメントのオプションをご確認ください。必要であればマネーマネージャーにご相談ください。

ステップ3:料金体系を見て、ご自身に最適なものを見つける

現在、手数料はどのように構成されているか、化石を含まない投資戦略への移行に伴う手数料の変化はどのようなものか、ダイベストメントを成功させるには、ご自身に最適な投資管理アプローチを特定し、手数料を計算する必要があります。

ステップ4:ご自身のストーリーと我々にできる支援

化石燃料のダイベストメントにより、気候危機における化石燃料業界の責任の所在を明らかにするために、ご自身のストーリーを教えてください。

売却のタイプ

企業が売却を計画している場合、さまざまな種類の売却を理解することが望まれます。これにより、適切な売却方法や、どのタイプが会社にとって好ましいかを知ることができます。以下は、一般的な3つのタイプの売却になります。

スピンオフ

このタイプの投資では、企業が1つ以上のユニットをスピンオフさせることになります。スピンオフは通常、共通のテーマを持ったビジネスの小さな部分です。そのため、会社はこれらのスピンオフを独立した会社にして、後にその株式を一般に販売します。さらに、スピンオフは非課税であり、現金を伴わない取引です。

親会社は、株主に株式を分配する能力を持っています。また、スピンオフが有効なのは、明確で独立した事業を持つ企業に限られます。さらに、これらの事業は、異なるリスクと成長プロファイルを持っている必要があります。同様に、企業は事業を別のユニットに分離するか、1つの事業に統合するかを選択することができます。

セルオフ

セルオフは、最も一般的なタイプの売却です。ここでは、企業は事業の1つまたは複数の部分を他社に売却することになります。この売買により、企業は成長に必要な資金を得ることができ、さらには主要な目標に集中することができます。それに、セルオフには会社に多くの条件を要求しません。そのため、最も簡単で一般的な売却形態となっています。

スプリットオフ(分割)

分割することで、ユニットを2つ以上の会社に分割することが可能になります。これらの会社は結果的に別々のものとなり、特定の分野に集中するのに役立ちます。同様に、分割は、会社が別々の目標に集中したい場合にも理想的です。これらの追加された会社は、設定された目標を達成するために、時間とスタッフを集中させることができます。

化石燃料とは

石炭、原油、天然ガスはすべて、数百万年前に生息していた動植物の化石化した埋没物から形成されたため、化石燃料と見なされています。

【例】

① 石油

原油、または石油は、主に炭化水素(水素および炭素化合物)で構成される液体化石燃料です。石油は地下の貯留層、堆積岩の亀裂、割れ目、および細孔内や地表近くのタールサンドに堆積しています。

② 石炭

石炭は固体の炭素を多く含む岩石で、亜炭、亜瀝青炭、瀝青炭、無煙炭の4つの主要な種類があり、種類に関係なく汚染されています。

③ 天然ガス

天然ガスは主にメタンで構成されており、地下の場所によって一般的に従来型、もしくは非従来型と見なされます。

④ 土地の劣化によるもの

地下の石油、ガス、石炭鉱床の発掘、処理、移動は、我々の景観と生態系に甚大な被害をもたらします。

⑤ 水質汚染

石炭や石油、ガスの開発は、水路と地下水にあらゆる脅威をもたらします。炭鉱は、小川や川、湖へ酸を流出し、大量の不要な岩や土壌を小川に投棄します。抽出された油や輸送中の油の流出・漏出は飲料水源を汚染し、淡水や海洋生態系全体を危険にさらす可能性があります。

⑥ 排気ガス

化石燃料は、燃焼前から有害な大気汚染物質を排出します。

化石燃料の影響

化石燃料を燃やすことで、私たちはエネルギーを得ることができます。このエネルギーは、自動車を走らせたり、家を照らしたり、企業を動かしたりするのに役立ちます。現在、世界のエネルギー需要の約80%を化石燃料が提供しています。しかし、化石燃料を燃やすことには、メリットとデメリットがあります。以下は、化石燃料がもたらす悪影響の一部です。

水質汚染

ガス、石油、石炭の開発は、地下水や水路に脅威を与えます。採掘作業では、最終的に湖や川、小川に酸が流れ込みます。また、輸送中や採掘中に石油が漏れたり流出したりすると、飲料水源や海の生態系を汚染します。さらに、破砕、採掘、掘削などの作業では、重金属を含んだ大量の廃水が発生します。

土地の劣化

地下に埋蔵されている石炭、ガス、石油の発掘、採掘、加工は、景観を損ないます。さらに、化石燃料産業は広大な土地や、アクセス道路、パイプライン、井戸などのインフラをリースしています。また、廃棄物処理、廃棄物の保管、処理のための施設も借りています。このようにして、土地の栄養分をすべて奪い、使えない状態にしてしまうのです。

排出

化石燃料は、有害な大気汚染物質を排出する主要な容疑者でもあります。世界中のほとんどの人が、活発なガス田や油井によって日常的に有害な大気汚染にさらされています。化石燃料から放出される有害な汚染物質には、ホルムアルデヒドやベンゼンなどがあります。ホルムアルデヒドやベンゼンは、がんの原因となる有害な化学物質です。鉱山労働者もまた、これらの有害な空気中の物質にさらされています。

地球温暖化

ガスや石炭、石油を燃やせば、エネルギー需要を満たすことができます。しかし、これは地球温暖化の危機を助長するものでもあります。なぜなら、これらの燃料は大量の二酸化炭素を発生させ、大気中に熱を閉じ込めてしまうからです。その結果、気候変動の原因となってしまうのです。さらに、これらの化学プラントは、二酸化炭素以外にも、酸性雨の原因となる水銀や二酸化硫黄を大量に排出してしまいます。

100%再生可能なエネルギーに投資する社会へ

気候変動対策は、以前に増して政治的およびメディアにおける最前線の議題となっています。市民がゼロカーボン経済を要求し、BBCのデイビッド・アッテンボローも気候危機に警鐘を鳴らしています。化石燃料からのダイベストメントの必要性は、イングランド銀行のマーク・カーニーを含む世界的な金融リーダーによって繰り返し示されています。国際的なグリーン産業革命、またはグリーンニューディールの呼びかけが大きくなるにつれて、投資家にとっての可能性が高まると言えるでしょう。

投資家と環境双方への利点

再生可能エネルギーへの投資は、社会や環境だけでなく、経済にも貢献するという点で、投資家にとって理にかなっています。太陽エネルギーへの投資はかつてないほど経済的に有利であり、補助金なしで建設される太陽エネルギー施設がこれまで以上に増えています。将来を見据えた世界中の投資家は、その成熟度と長期的な成長ストーリーを認識しており、ゼロカーボンへの移行は投資家と環境双方にとって有利です。

自然エネルギーへの移行の重要性

石炭、石油、ガスの化石燃料産業が地球温暖化の最大の原因であることや、原発が抱える放射能リスクによって将来の災害リスクが高まります。化石燃料は温室ガスの排出量が最も多く、世界各地で大気汚染や異常気象などの原因になっています。このような点から、今後は自然エネルギー社会へと移行することが必須と言えるでしょう。

再生可能なエネルギー

再生可能エネルギーやクリーンエネルギーへの投資は、化石燃料の悪影響を避けるための一つの方法です。再生可能エネルギーは、自然の力を利用しており、化石燃料と同等以上のものを提供しています。そのため、再生可能エネルギーに投資する際には、その異なる種類を理解しておく必要があります。これにより、どの種類の再生可能エネルギーに投資するかを決めることができます。

太陽エネルギー

太陽エネルギーは、何千年も前から存在しています。ほとんどの人が日常的に利用しているものなのです。太陽エネルギーは、食品を乾燥させたり、暖かくしたり、作物を育てたりするのに役立ちます。太陽エネルギーの用途は無限にあります。また、太陽エネルギーは誰もが簡単に利用できる再生可能エネルギーの一つです。太陽エネルギーは、シリコンで作られた光電池を使って、太陽光を電気に変えます。

ソーラーシステムを普及させることで、企業や家庭に電気を供給することができます。これには、地域全体を対象としたコミュニティプロジェクトや、屋上のパネルを利用する方法があります。しかし、ソーラーファーム(パネル畑)もまた、何千もの家庭に役立つ大量の電力を生み出すのに役立っています。ソーラーファームでは、鏡を使って太陽光を何ヘクタールもの太陽電池に集中させます。

風力エネルギー

現在では、昔ながらの風車から、技術革新によって人々の生活を助けるように工夫しています。風車は、風のエネルギーを利用して電気に変えるためのものです。高層ビルに匹敵する高さのタービンは、風の力で羽根を回転させています。風は、世界の多くの地域で最も安価なエネルギー源の一つです。風速の速い世界各地の高地に設置されたタービンは、各国で使用される大量のエネルギーを生み出すのに役立っています。

casinosisters